新型コロナウイルス感染症について

 現在、国内外において感染が拡大している「新型コロナウイルス感染症」について、浦臼町では「浦臼町新型コロナウイルス感染症対策本部」を設置し、町民の皆さまの安全・安心の確保、感染拡大防止に向けた取組みをおこなっています。

 感染拡大の防止に向けて、各種取組が進められているところですが、国が示した「新しい生活様式」の道内における実践に向けた新しいライフスタイルやビジネススタイルの変革を示した「新北海道スタイルこのリンクは別ウィンドウで開きます」を実践・徹底し、感染リスクの低減に努めましょう。

 また、感染予防のため、引き続き「3つの密このリンクは別ウィンドウで開きます」を避け、正しい手洗いや咳エチケットこのリンクは別ウィンドウで開きますを心がけましょう。

 

北海道は「まん延防止等重点措置」の適用を国に要請しました NEW

 政府は7月8日、北海道に適用していた「まん延防止等重点措置」を適用期限となっていた7月11日をもって解除しました。

 「まん延防止等重点措置」は解除されましたが、従来のウイルスよりも感染力が強いとされている「デルタ株(インド型変異ウイルス)」による感染者の急増により、感染の再拡大が懸念されるなど、たいへん重要な局面を迎えています。

 これを受けて北海道は7月20日、札幌市を北海道の警戒ステージ「4相当」とするとともに、政府に対し「まん延防止等重点措置」の適用を要請しました。

 現在はまだ、まん延防止等重点措置は正式に適用されていませんが、国において適用が正式決定されるまでの間、北海道は独自に対策を強化し感染の抑制に向けて取り組むこととしています。

 北海道独自の対策強化の内容についてはこちらをご覧ください。まん延防止等重点措置の実施に向けて(298KB)このリンクは別ウィンドウで開きます NEW

 今後は、夏休みやお盆に伴う帰省や、東京オリンピック・パラリンピックの開催など、本格的な行楽シーズンを迎えます。

 皆さんにおかれましては、引き続き感染防止対策の実践・徹底などにご協力をお願いします。

北海道における感染防止対策および要請・協力依頼の内容(令和3年7月20日改訂)

 夏の再拡大防止特別対策 ~まん延防止等重点措置の実施が公示されるまでの間、道として独自に取り組む対策~(254KB)このリンクは別ウィンドウで開きます(対策期間などはこちらをクリックしてください。)

 ▶「全道域(札幌市を除く)」への要請・協力依頼(192KB)このリンクは別ウィンドウで開きますの内容等(こちらをクリックしてください。)

 「重点地域(札幌市)」への要請・協力依頼(198KB)このリンクは別ウィンドウで開きますの内容等(こちらをクリックしてください。)

 

緊急事態宣言」の発令および延長について

 政府は7月8日、再び感染拡大の兆候がみられはじめた東京都に対し、4度目となる「緊急事態宣言」を発令しました。

 また、これまで緊急事態宣言が発令されていた沖縄県に対する「緊急事態宣言」は、感染状況の改善が十分ではないとして発令期間が延長されています。

緊急事態措置を実施すべき区域と期間

東京都 令和3年7月12日(月)から令和3年8月22日(日)まで (42日間)

沖縄県 令和3年5月23日(日)から令和3年8月22日(日) ※7月11日までから延長

 発令地域においては、外出・往来の自粛、イベント等の開催制限、職場への出勤抑制などの他、飲食店等に対する休業要請、大規模商業施設に対する時短営業、酒類の提供停止など感染拡大防止に向けた強力な措置が講じられています。

 

まん延防止等重点措置」の適用が継続中の府県があります

 7月11日を期限としていた「まん延防止等重点措置」の適用地域が下記のとおり変更となっています。

●まん延防止等重点措置が適用されている府県

 埼玉県・千葉県・神奈川県・大阪府

 これら適用区域においては、不要不急の外出自粛、飲食店等に対する営業時間の短縮や酒類の提供制限、イベント等の開催制限などの感染拡大防止に向けた要請や協力依頼が行われています。

 ※ 東京都については、7月12日より「緊急事態宣言」が発令されたことにより適用区域から除外されました。

 ※ 北海道・愛知県・京都府・兵庫県・福岡県については、7月11日をもって「まん延防止等重点措置」が解除となっています。

 

まん延防止等重点措置」を実施すべき区域とその期間について NEW

 7月22日現在、以下の府県において「まん延防止等重点措置」が適用されています。カッコ内の市については、府県内における重点措置の対象地域となっています。

まん延防止等重点措置の対象地域

埼玉県 (さいたま市・川口市・川越市・所沢市・春日部市・草加市・越谷市・蕨市・戸田市・朝霞市・志木市・和光市・新座市・八潮市・富士見市・三郷市・鶴ヶ島市・ふじみ野市・伊奈町・三芳町)※7月20日よりカッコ内、川越市以降の18市町を新たに追加

千葉県 (市川市・船橋市・松戸市・浦安市・習志野市・千葉市・市原市・成田市・柏市・八千代市・鎌ヶ谷市)※7月19日より八千代市・鎌ヶ谷市を新たに追加

神奈川県 (清川村を除く県内全32市町→横浜市・川崎市・相模原市・厚木市・横須賀市・鎌倉市・逗子市・三浦市・葉山町・大和市・海老名市・座間市・綾瀬市・愛川町・平塚市・藤沢市・茅ヶ崎市・秦野市・伊勢原市・寒川町・大磯町・二宮町・小田原市・南足柄市・中井町・大井町・松田町・山北町・開成町・箱根町・真鶴町・湯河原町)※7月22日より横須賀市以降の28市町を新たに追加

大阪府 (府内の全33市→大阪市・堺市・岸和田市・豊中市・池田市・吹田市・泉大津市・高槻市・貝塚市・守口市・枚方市・茨木市・八尾市・泉佐野市・富田林市・寝屋川市・河内長野市・松原市・大東市・和泉市・箕面市・柏原市・羽曳野市・門真市・摂津市・高石市・藤井寺市・東大阪市・泉南市・四條畷市・交野市・大阪狭山市・阪南市)

まん延防止等重点措置の適用期間

埼玉県・千葉県・神奈川県は、令和3年4月20日から8月22日まで(7月11日までから延長されています)

大阪府は、令和3年6月21日から8月22日まで(7月11日までから延長されています。)

 これらの地域では、知事が指定した特定の区域において、飲食店等への営業時間の短縮等、感染拡大防止に向けた強い対策が講じられます。

 ※ 北海道・愛知県・京都府・兵庫県・福岡県は、7月11日(日)をもって解除されました。

 ※それぞれの地域における詳しい要請の内容等は、各自治体のホームページにてご確認ください。

 

北海道における警戒ステージについて

・北海道新型コロナウイルス感染症対策本部では、国の新型コロナウイルス感染症対策分科会が提言した4段階の感染ステージを基本としつつ、北海道独自の5段階の警戒ステージを設定しています。

・北海道における5段階の警戒ステージの詳細および現在の警戒ステージについては、北海道のホームページよりご確認いただけます。

▶現在の警戒ステージについてはこちら(北海道のホームページ)このリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。

 

北海道における警戒ステージは「ステージ3」です

 北海道は、7月11日をもってまん延防止等重点措置の適用が終了したことから、これまでの警戒ステージであった「ステージ4」から「ステージ3」へ一段階引き下げとしました。

 しかしながら、札幌市を中心としてインド型変異ウイルス「デルタ株」による感染の広まりが見られるなど、予断を許さない状況が続いていることから、札幌市を「ステージ4相当」としています。

 感染拡大を抑え、従来までの日常生活をいち早く取り戻すためには、気を緩めることなく引き続き感染予防対策を徹底することがたいへん重要です。「新北海道スタイルこのリンクは別ウィンドウで開きます」の実践を引き続き徹底していただきますようお願いします。

※画像をクリックすると拡大表示されます。

感染拡大防止チラシ(442KB)このリンクは別ウィンドウで開きます新北海道スタイルチラシ(403KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

 

北海道医療非常事態宣言

 道内では、変異株の影響もあり、新規感染者数が5月13日には過去最多の712人となるなど、全道各地において感染が急速に拡大しています。このままでは医療提供体制のひっ迫により一般の医療にも影響がおよぶ恐れがあることから、道民の命、北海道の医療を守るため、北海道知事・北海道市長会・北海道町村会・北海道医師会の連名により「北海道医療非常事態宣言」が発出されています。宣言の詳細は以下をご覧ください。

●北海道HP:北海道医療非常事態宣言このリンクは別ウィンドウで開きます

 

札幌市医療非常事態宣言

札幌市においては、医療体制のひっ迫により一般の医療にも影響がおよぶことが懸念されることから、医療体制の崩壊を防ぎ、札幌市民や道民の命を守るため、北海道知事・札幌市長・医療関係団体の連名による「札幌市医療非常事態宣言」が発出されています。宣言の詳細は以下をご覧ください。

●北海道HP:札幌市医療非常事態宣言このリンクは別ウィンドウで開きます

 

医療従事者からの緊急メッセージ

-道民の皆様、札幌市民の皆さまへのお願い-

●北海道HP:医療従事者からの緊急メッセージこのリンクは別ウィンドウで開きます

 

空知総合振興局からのお知らせ NEW

 まん延防止等重点措置の適用が解除され、北海道の警戒ステージ「4」から「3」に移行しています。

 しかしながら、北海道内において「デルタ株(インド型変異ウイルス)」による感染が確認されるなど、新規感染者数は増加傾向にあり、特に札幌市が全道の半数以上を占めているほか、感染経路不明割合が高く、市中での感染が広がりつつあるとみられます。

 このことから、北海道では、新型コロナウイルス感染症対策本部において、札幌市を道の警戒ステージ4相当とするとともに、札幌市を対象とした「まん延防止等重点措置」の適用を国へ要請しました。また、その措置が適用されるまでの間、道として独自に取り組む対策を決定・発表しています。

 こうした状況を踏まえ、感染の再拡大(リバウンド)防止のため、札幌市との不要不急の往来自粛の呼びかけなど、空知総合振興局長と空知管内全市町長の連名による共同メッセージが発出されています。

 また、注意喚起チラシも公表されていますので、管内住民の皆さまや管内に滞在中の皆さまにおかれましては、これら感染防止対策の徹底にご協力をお願いします。

 ※ 以下の画像をクリックすると拡大表示されます。

R3.7.20_呼びかけチラシ(97KB)このリンクは別ウィンドウで開きますR3.7.20_呼びかけチラシ(136KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

 

新型コロナウイルス(COVID-19)ワクチン接種について

 ワクチン接種については、市区町村が実施主体とされており、浦臼町では令和3年5月11日より一般の高齢者を対象とした接種から順次開始しています。

 今後、町が決定する年齢区分(「50歳から59歳の方」や「19歳から49歳の方」など)に応じ、順次ご案内のうえ、接種を進めてまいります。

 接種を希望される方すべてのワクチン接種を速やかに完了することができるよう、ワクチン接種体制の確保に努めてまいりますので、町民の皆さまのご理解とご協力をお願いします。

町民の皆さまへのお知らせなどは下記のページをご覧ください。(下記のリンクをご覧ください。)

町民の皆さまへのお知らせ(町ホームページ:新型コロナウイルスワクチンについて)このリンクは別ウィンドウで開きます

新型コロナワクチンについて(首相官邸ホームページ)このリンクは別ウィンドウで開きます

 

新型コロナウイルス感染症に関連した人権への配慮について

新型コロナウイルスは誰もが感染する可能性のある感染症ですが、基本的な感染防止対策を取って行動することで、十分に感染リスクを低減することができます。感染拡大の収束が見通せない中、この感染症に対する不安をお持ちの方も多いと思いますが、差別やいじめなど心ない行為は、けっしてあってはならず、許されるものではありません。

一人ひとりが正しく理解し、冷静に、そして思いやりをもった行動をとりましょう。

●北海道知事メッセージ(北海道HP:新型コロナウイルスに関連した人権への配慮についてこのリンクは別ウィンドウで開きます

 

新型コロナウイルス感染症に係る普及啓発資料について

北海道では、道民の皆様に、新型コロナウイルス感染症についてご理解いただけるよう、この感染症に関する基礎的な知識や予防方法などに関して、分かりやすく解説した資料を作成しました。ご覧いただき、感染予防の参考としてください。

普及啓発資料等(北海道HP)このリンクは別ウィンドウで開きます

 

新型コロナウイルス感染症体験集について

北海道では、皆様、お一人おひとりの予防意識を高め、感染防止行動を実践していただくための一助となるよう「新型コロナウイルス感染症体験集」を作成し公表しています。

この事例集は陽性確認された方からいただいたアンケートに基づく「生の声」を可能な限りそのまま掲載し、読みやすいようインタビュー形式に再構成されています。一部、個人の感覚や推測等に基づく発言もそのまま掲載していますので、そうした面に十分ご留意の上、お読みください。

新型コロナウイルスは誰もが感染する可能性がある感染症であり、陰性確認後も後遺症が残るとの例も一部でとりあげられています。

こうしたことから、新型コロナウイルス感染症をけっして軽視することなく、引き続き感染予防対策を徹底しましょう。

新型コロナウイルス感染症体験集はこちらこのリンクは別ウィンドウで開きますをクリック(北海道HPにリンクしています。)

 

次のいずれかの症状がみられる場合は下記の相談窓口にご相談ください

息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合

・重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合

(※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

・上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合

(症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)

【妊婦の方へ】

妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに下記の相談窓口にご相談ください。

【お子様をお持ちの方へ】

小児については、小児科医による診察が望ましく、下記の相談窓口または、かかりつけ小児医療機関に電話などでご相談ください。

新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安(厚生労働省ホームページ)このリンクは別ウィンドウで開きます

 

新型コロナ相談窓口

令和3年4月1日(木)0時00分より電話番号が変更となっています。

北海道における新型コロナウイルス感染症に関する「一般相談窓口」、「帰国者・接触者相談センター本庁窓口」、「来道者・帰省者・転勤者相談ダイヤル」、「各道立保健所 帰国者・接触者相談センター」は令和2年9月16日から、各相談機能と窓口を一本化した、「北海道新型コロナウイルス感染症 健康相談センター」として開設され、相談者の利便性向上を図ることとされました。

(1)相談の内容

・感染症に関する一般相談

・発熱等の症状のある方からの相談対応

・来道者・帰省者・転勤者への相談対応

(2)相談先および電話番号

・北海道新型コロナウイルス感染症 健康相談センター

0120-501-507 (24時間 フリーダイヤル)

※直接、各道立保健所へ相談した場合も対応しますが保健所の業務負担軽減のため、ご協力をお願いします。

 

浦臼町での取り組み

(1)緊急事態宣言の発令を受けて町管理の集会施設等の利用を町民利用のみに制限していましたが、宣言解除により6月20日をもって当該利用制限を解除しています。

  令和3年6月21日より、緊急事態宣言の発令以前と同様に使用時間や利用人数等の一部制限を設けて利用を再開しています。

(2)コーラス、カラオケなど歌唱を伴う活動の自粛

 比較的感染リスクが高いとされる活動として休止をお願いしていましたが、緊急事態宣言の解除に伴い、制限を解除し6月21日より活動が可能となっています。

・町管理の集会施設等の開館状況はこちらから

▶ その他公共施設等の開館状況

社会教育施設等の開所状況について

(2)小中学校の臨時休業(令和2年2月27日~3月25日、令和2年4月20日~5月31日)

▶ 令和2年6月1日より通常登校

(3)不織布マスクを全町民に1人当たり10枚配付

▶第1回目:令和2年2月28日

▶第2回目:令和2年6月12日

(4)子ども広場の閉鎖(令和2年3月31日まで)

▶ 令和2年4月1日より再開

(5)町イベントの開催中止

(6)鶴沼公園キャンプ場のオープンについて

(7)上下水道料金の支払い猶予について

(8)国民健康保険加入の方へ新型コロナウイルス感染症の影響による各種手続きのお知らせについて

(9)後期高齢者医療の方へ新型コロナウイルス感染症の影響による各種手続きのお知らせについて

(10)65歳以上の方への新型コロナウイルス感染症の影響による介護保険料減免・徴収猶予について

 

新型コロナウイルス感染防止に係る緊急速報メールの活用について

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、「緊急速報メール」(NTTドコモの「エリアメール」、au(KDDI)・ソフトバンクの「緊急速報メール」)で配信可能な項目に、「新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく感染を防止するための外出自粛要請」が追加されました。
これにより、北海道知事から道内全域の皆さまの携帯電話に対して協力を要請するメッセージを一斉に配信することが可能となっています。
すべての道民の皆さまなどに要請をお知らせする手法として、必要に応じて活用するものですので、ご理解とご協力をお願いいたします。

 

関連リンク

新型コロナウイルス感染症対策(内閣官房ホームページ)このリンクは別ウィンドウで開きます

厚生労働省ホームページ(新型コロナウイルス感染症について)このリンクは別ウィンドウで開きます 

新型コロナウイルスに関するQ&A(厚生労働省ホームページ)このリンクは別ウィンドウで開きます

感染症対策のご協力をお願いします(厚生労働省チラシ)このリンクは別ウィンドウで開きます

新型コロナウイルスを防ぐには(厚生労働省チラシ)このリンクは別ウィンドウで開きます

北海道公式ホームページこのリンクは別ウィンドウで開きます

国立感染症研究所ホームページこのリンクは別ウィンドウで開きます

経済産業省の支援策(経済産業省ホームページ)このリンクは別ウィンドウで開きます

新型コロナウイルスで影響を受ける事業者の皆様へこのリンクは別ウィンドウで開きます

特別定額給付金についてこのリンクは別ウィンドウで開きます

アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

総務課 庶務係

電話:0125-68-2111 FAX:0125-68-2285

お問い合わせフォーム