新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言に対する町長メッセージ(令和3年8月)

 明日から来月12日まで、再度北海道全域に緊急事態宣言が出されることになりました。新型コロナウイルス感染症につきましては、感染力の強いデルタ株が猛威を振るい、全国においては1日の新規感染者数が2万人を超え、各地域においても連日過去最多を更新するなど、未だかつてないペースで感染拡大が広がっています。道内においても、連日500人前後の新規感染者が確認され、札幌圏以外での感染も増え続けています。また空知管内でも毎日10人前後の感染者が出ており、本町ではいまだに1人の感染者も出ていませんが、コロナの驚異が間近に迫ってきているのは間違いありません。

 このような状況から町としては、前回同様公共施設の利用を町民の利用に限定させていただくことにしました。

 また、ワクチン接種につきましては、皆さんにご理解いただき高齢者の方の9割以上、他の年代でも7割近くの方がすでに完了しています。ワクチンを打ったとしても感染しないわけではありませんが、感染しづらい、重症化しづらいという効果が厚生労働省より報告されていますので、まだ接種されていない方は、あらためてご検討をお願いします。

 昨年はじめから長期間にわたる自粛生活が続き、いまだ終息の気配が見えない中で、全国的にもコロナ疲れや宣言慣れによる不用意な行動が問題になっています。しかし、この事態を解消するためには、今はまだ不要不急の外出の自粛や手洗い、マスク着用など基本的な対策を粘り強く続けていくしかありません。今後ともご自身と大切な方の命を守るため、一人ひとりが強い危機意識を持ち、慎重な行動をとっていただきますよう心よりお願いいたします。

 

  令和3年8月26日

 

浦臼町長  川 畑 智 昭