避難情報に関するガイドラインの改定について

避難情報に関するガイドラインが改定されました

災害対策基本法等の一部改正に伴い、令和3年5月20日から避難情報に関するガイドライン(注意)の内容が変更されました。

注意「避難勧告等に関するガイドライン」から「避難情報に関するガイドライン」に名称が変更されました。

令和3年5月20日からの新たな避難情報等

警戒レベル5

  災害発生情報(発生を確認したときに発令)から緊急安全確保に変更

  ※警戒レベル5は、すでに安全な避難ができず命が危険な状況です。

  ※警戒レベル5は必ず発令される情報ではありません。

  ※警戒レベル5緊急安全確保の発令を待ってはいけません!

警戒レベル4

  避難指示(緊急)、避難勧告から避難指示に変更

  ※避難レベル4の避難指示で危険な場所から全員避難してください。

  ※これまでの警戒レベル4避難勧告は廃止されます。

  ※これまでの避難指示(緊急)と避難勧告は避難指示に一本化されました。

  ※避難指示は、これまでの避難勧告のタイミングで発令されることになります。

警戒レベル3

  避難準備・高齢者等避難開始から高齢者等避難に変更

  ※警戒レベル3は、高齢者だけの情報ではありません!

  ※高齢者等以外の人も必要に応じ、普段の行動を見合わせ始めたり、避難の準備をしたり、

       危険を感じたら自主的に避難するタイミングです。

  ※避難に時間のかかる高齢者や障害のある人などは、危険な場所から避難してください。

警戒レベル2(大雨・洪水・高潮注意報)及び警戒レベル1(早期注意報)の避難情報はこれまでどおりです。

   周知用チラシ(内閣府)PDFファイル(547KB)

アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。