斉藤すみおの普段着トーク
平成30年7月24日

を掲載しました

皆さん、こんにちは

今日は7月24日(火)です。

 

昨日、日本で最高気温41.1度を熊谷市で記録しましたが、この高温は災害と呼べる事態ということで、厳重な注意が必要です。

明日から3日間、東京出張ですが水分補給などこまめにして、暑い東京を乗り切りたいと思っています。

 

7月15日(日)には、3つの事業を実施しています。

第119回の浦臼町開町記念式が朝9時より記念碑前で開催、開催直後から激しい雨になってしまいました。

開町記念式典

事前予報からテントを張っていたのでずぶ濡れにはならずに済みましたが、来賓各位は大変ご苦労様でした。先人のご苦労に敬意と感謝をして、人口減少など厳しい状況ですが、みんなで力をあわせて地域づくりに挑んでいくことを報告しています。

 

10時からは、戦没者慰霊祭を役場の中で開催しています。戦後73年が経過して、遺族会の方々も高齢化が顕著になってきています。戦争体験を風化させない取り組みがいっそう大事になってきています。

 

11時30分からは、平成30年度の浦臼町政功労者表彰を3Fあかねホールで開催、今年度は1名の表彰です。

町政功労者表彰式

菅原勝良さんは長年消防団活動や統計調査活動に尽力された方で、そのご功績により今回受章となっています。

 

18日から19日まで、北海道土地連空知支部のH31年度予算確保に向けて中央要請活動を実施してきました。これまでに経験したことがない位の異常な暑さで、移動はすべてタクシーを利用し、休憩や水分など十分に取って、熱中症対策をしながら要望活動をしてきました。夏の要望会は例年以上に大変です。

西日本や東日本では、この先2週間程度高温状態が継続するようで、住んでいる方は十分注意してください。

 

この時期涼しい北海道に移動も良いと思いますがどうでしょうか?『自ら考えて自ら守る事』が大切です。

 

今日はここまでです。