斉藤すみおの普段着トーク
平成30年10月22日

を掲載しました

皆さん、こんにちは

今日は10月22日(月)です。

秋晴れの快晴日よりになっている朝を迎えました。

少しご無沙汰しておりましたが、母の死去や東北出張などが重なってブログが止まってしまいました。

今日からまた発信していきますのでお付き合いをお願いいたします。

 

10月11日(木)、平成30年度砂川地区地域交通安全運動出動式が砂川市で開催されています。

秋の収穫期でもあり参加者が少なかったですが、安全安心の暮らしを守るために連携協力は大切です。

 

10月12日(金)、第4回の札沼線沿線まちづくり検討会議が月形町で開催、沿線4町がすべて廃線・代替バスへの転換を容認しています。

今後はいつまで走らせるのかを協議していきます。

 

15日(月)~18日(木)の4日間、全国土地改良大会宮城大会に出席のため仙台に出張してきました。

大会には全国から6000人が参加、3.11から7年が経つ今の復興状況を見学しながら、土地改良の重要性などを研修してきました。まだまだ道半ばの感じですが全国の皆さんで復興を後押ししていきましょう。今の北海道の状況に重なる部分があって、気持ちが重くなりました。

20日(土)には、浦臼小学校の第24回学芸会が開催されています。

新1年生のはじめの挨拶から始まり、歌や楽器演奏、ダンス、劇とそれぞれ練習してきた成果を会場のご家族に披露していました。

元気な子どもたちを見ていると、こちらも元気が出てくるようです。

 

21日(日)、町内のお寺の住職引き継ぎ式、晋山式が盛大に実施されていますので、御参りしてお祝いを述べてきました。町内でも古いお寺で、今回は5代目住職が誕生しています。

 

22日(月)、坂本龍馬関係者が本町を訪問され、町内ゆかりの地を見学しながら交流を深めています。

この内容は次の機会に少し詳しく発信しますので、お楽しみに。

 

今日はここまでです。