斉藤すみおの普段着トーク
平成29年7月18日

を掲載しました

皆さん、こんにちは
今日は7月18日(火曜日)です。

3連休はいかがお過ごしでしたか。猛暑から一転、町内では短時間ゲリラ豪雨に襲われ、2日間総雨量は100ミリを超えましたが、大きな災害の発生には至らずにホッとしています。これから町内の被害状況を視察してきます。

ゲリラ豪雨後の町内の様子

急激な天候の変化に今後も注意が必要で、職員にもその対応認識についても、もう一度通知しています。 多くの職員もそれぞれ予定があって地元にいないなど、対応が難しい部分もありましたが、町民の安全安心を常に守る取り組みを再度検討を進めて参ります。 13日(木曜日)には、土地連空知支部理事会と役職員研修会、並びに空知食材を使った楽しむ会が深川市で開催されています。
土地連空知支部理事会の様子

研修会では、前の月形町長の桜庭さんが樺戸監獄のお話をユーモアたっぷりにはなされて、皆さん熱心に聞いていました。
役職員研修会の様子

また、その後の楽しむ会では、空知の食材をたっぷり使用したお料理と日本酒やワインなどで大いに盛り上がっています。

15日(土曜日)には、第118回目の浦臼開町記念式、戦没者追悼式、さらには、平成29年度の町政功労者表彰の大きな行事が3つ行われていますが、あまりに暑い中なので、体調を崩された方が出ないか心配をしていましたが、何とか無事終了しています。 

浦臼開町記念式の写真

戦没者追悼式の様子

平成29年度の町政功労者表彰

追悼式では戦後72年を迎え、遺族の皆様も高齢になってきていて、次の世代、その次の世代に戦争体験を伝えていくかが難しくなってきています。
そんな中、安倍総理は、戦争放棄の日本国憲法に自衛隊を明記したとの憲法改正が話されていますが、今その話をする時とは思えません。高齢になられた遺族が暑い中、追悼式に参列するお姿を見ると本当にそう思います。

町政功労者は、消防団員として30年以上勤められたお二人が表彰を受けています。
本当におめでとうございます。

今日はここまでです。