平成29年4月24日
斉藤すみおの普段着トーク

を掲載しました

皆さん、こんにちは

今日は4月24日(月曜日)です。

朝からよいお天気になっていますが、世の中では、北朝鮮と戦争になるような事態が現実味を帯び始めていて、大いに心配です。なんとか平和的に解決をしてほしいと願うところですが・・・・。

20日(木曜日)には第71回の全道町村会総会が札幌で開催されています。

全道町村会 第71回定期総会の様子

当日は高橋知事始め、遠藤議長さんなどたくさんのご来賓をお迎えしています。

総会では、地方創生が新たなステップに入って、総合戦略の着実な実現に向けて、国や道への財源的な支援を要望していくことや、JR北海道の廃線問題では、144町村すべての想いとして、特別決議を採択しています。

また、平成30年度は、北海道と命名されてから、150年の節目の年を迎え、記念事業などについても知事よりお話がありました。

21日(金曜日)には、札沼線沿線4町による今後についての協議が、空知総合振興局にて、空知・石狩両振興局局長出席の中で開催されています。

今後も当面は、存続に向けて取り組むことで意見交換していますが、どうなることか?です。

22日には滝川市で、渡辺孝一先生へJR問題について、要請書を提出し、意見交換しています。
オール北海道での取り組みが大事ですとの意見をいただきました。その通りですが・・・・。

21日の夜には、商工会青年部の第51回の通常総会が商工会で開催されています。

第51回 商工会青年部通常総会の様子

会員の減少は、町の人口減少と同じで厳しく、そして深刻です。青年部の皆さんは、味覚まつり始め、町のいろんなお祭りに出店され、祭りを大いに盛り上げていただいており深く感謝です。

その後の懇親会では、まちの現状などについて、たくさんの考えを聞いています。

若く行動力のある、そして柔軟な発想が出来る皆さんに、今後の地域づくりに大いに期待です。

今日はここまでです。