斉藤すみおの普段着トーク
平成30年2月2日

を掲載しました

皆さん、こんにちは
今日は2月2日(金曜日)です。

朝から晴れのお天気ですが、逆に放射冷却現象もあって、朝の気温はマイナス19度とかなり低くなっていて、歩いていると耳が凍り付く感じがします。
風邪にかからない工夫や人混みを避けるなどして、体調管理に注意が最大限必要です。

1日(木曜日)には、北海道新聞社の空知管内新年交礼会が岩見沢市で開催されています。

北海道新聞社新年交礼会の様子

マスコミには私たちも常にお世話になっており、多くの首長さんも出席されていて、有意義な時間を過ごしています。

今日2日(金曜日)は、町内の交通関係団体や砂川警察署の皆さんのご協力により、交通安全啓発事業として、国道275号沿いに、大きな雪だるま作りが行われています。

交通安全啓発事業の大きな雪だるま作りの様子

この事業は今年で37回目を数え、冬期間の浦臼の風物詩として定着していて、交通事故防止に貢献している事業です。
今年は、北海道では交通事故死亡者が例年より多くなっているようなので、気を引き締めて、交通事故防止運動に弾みをつけていきたいと考えています。ちなみに、浦臼町では本日で死亡交通事故が無い日は2915日を達成しています。
お昼には、女性ボランティアの皆さんによる豚汁とおにぎりが提供され、皆さんと一緒においしくいただきました。
寒い中ですが、皆さん本当にご苦労様でした。
高齢ドライバーの交通事故によって若い命が犠牲になるニュースが頻繁にあります。アクセルとブレーキの間違いでは済まない大きな問題だと思います。
他人事ではなく、安全安心をどう確保するか真剣に議論する時ではないでしょうか。

今日はここまでです。