斉藤すみおの普段着トーク
平成29年10月4日

を掲載しました

皆さん、こんにちは
今日は10月4日(水曜日)です。
この秋一番の冷え込みで、今も(午前11時頃)冷たい風が吹いています。
収穫の秋最盛期ですが、お天気がはっきりとしない中で、作業も少し遅れ気味です。

昨日(11月3日)は、友好交流町の高知県本山町の嶺北中学校2年生21名と大谷校長始め4名の引率者含め、25名が修学旅行で本町を訪問されています。

高知県本山町の嶺北中学校の修学旅行で訪問された様子

春には浦臼中学校生徒が修学旅行で本山町を訪れて交流をしています。本山町との関わりや歴史について郷土史料館で学び、さらには、除雪センターの巨大なドーザー等見学予定で厳しい冬の北国を肌で感じてくれたらと思っています。

今日はライスターミナル(中心蔵)にて、作業をされている農協職員の皆様に陣中見舞いと今シーズンの米の現状について報告を受けてきています。
ライスターミナル(中心蔵)にて作業をされている農協職員の様子

当初は色選預米も少なく、喜んでいましたが、ここに来て少々多くなってきています、特にななつぼしに多く腹白や青未熟米が増えていますが、収量も多く、豊作の今年はタンパクも6.7に近く品質も良く、生産者にとっては、米価も昨年より高いので、確実に良い年になるようです。
日本全体では、米不足で北海道米の人気が上がっている現状は大歓迎です。

また、朝一番に今年度の防衛白書について詳しく説明を受けています。

防衛白書の写真

毎年増える日本の防衛費ですが、近隣諸国との緊張状態もあって国防の観点からも自衛隊の責務が一層大きくなってきています。
国防が国の一番の仕事であることは認めるところですが、会話が出来るのが人間ですので、武力より先に話し合いで仲良くなることを望んでいます。
安倍総理の前のめり過ぎる昨今の言動には少々不安を覚えますが・・・・・。

今日はここまでです。