固定資産税

町内に賦課期日(1月1日)現在固定資産を所有している方が納税義務者となります。
固定資産とは、土地、家屋及び償却資産をいいます。

税率 

固定資産税の税額は、課税標準額×税率(1.4%)の算出によって計算されます。

特例措置

住宅用地は、その税負担を軽減する必要から、特例措置が適用されています。
(家屋床 面積の10倍まで)

小規模住宅用地

課税標準がその価格の6分の1の額となります。小規模住宅用地とは、次のとおりです。

  1. 住居1戸当たりの住宅用地が200平米以下の住宅用地
  2. 住居1戸当たりの住宅用地の面積が200平米を超えるものについては、当該住宅用の上に存する住居の数に200平米を乗じて得た面積に相当する住宅用地

住宅用地

課税標準がその価格の3分の1の額となります。
住宅用地とは、専ら人の居住の用に供する家屋(専用住宅)又はその一部を人の居住の用に供する家屋で居住部分の床面積の割合が4分の1以上である家屋(併用住宅)の敷地の用に供されている土地の面積に当該住宅の区分及び居住部分の割合に応じて定められた率を乗じて得た面積に相当する土地をいいます。

減額措置

新築された一定の住宅に対しては、新たに固定資産税が課されることとなった年度から3年度分(3階建以上の中高層耐火建築物にあっては5年度分)の固定資産税に限り、その住宅部分にかかる固定資産税額(120平米を超える住宅にあっては120平米に相当する固定資産税額)の2分の1に相当する額が減額となります。

なお手続きとして申請書を提出していただくことになります。

お問い合わせ先

くらし応援課 税務係

電話:0125-68-2112 FAX:0125-68-2285