風しん感染拡大予防について

風しんの発生状況について

現在、例年と比較し関東地方で風しんと診断を受けた方が増加しています。多くは30代から50代の男性が占めており、この年代の男性は、風しん抗体価の低い方が2割程度存在していることが明らかになっています。多くの人の行き来が見込まれることから、今後全国的に感染が拡大する可能性があります。風しんの免疫を保有していない女性が妊娠中に感染すると、胎児が白内障、先天性心疾患、難聴を主な症状とする「先天性風しん症候群」になる可能性があります。感染拡大予防のため、以下に該当する方は、任意での風しんの予防接種をご検討ください。

該当となる方

・「明らかに風しんに罹ったことがある方」「風しんの予防接種を受けたことがある、または風しんに対する抗体が陽性であると確認ができている方」を除く、30代から50代の男性と10代後半から40代女性(特に妊娠希望者または妊娠する可能性の高い方)
・妊婦の夫、子どもおよびその他の同居家族

また、北海道では「風しん抗体検査事業」PDFファイルこのリンクは別ウィンドウで開きますを実施しています。協力医療機関については、平成30年度風しん抗体検査事業ホームページ に掲載されているので、ご覧ください。

お問い合わせ先

長寿福祉課 子育て支援係

電話:0125-69-2100 FAX:0125-68-2289