インフルエンザ予防接種費用の助成について

高齢者の定期予防接種費用の助成について

対象者

・65歳以上の高齢者

・60から64歳で、心臓、腎臓、呼吸機能に自己の身辺の日常生活行動が極度に制限される程度の障害を有する方や、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する方

助成額・助成回数

1名1,500円を1回助成

生活保護世帯の方は全額助成のため自己負担はありませんが、接種の際に生活保護受給証明書の提出が必要です。役場住民係窓口で証明書の発行願の手続きをし、受給証明書が届いてから医療機関に申し込みをしてください。

接種場所

かかりつけ医などの医療機関で相談・予約してください。

助成の対象となる医療機関一覧PDFファイル(19KB)

任意予防接種費用の助成について

対象者

・生後6ヵ月から今年度高校3年生に相当する年齢の方

・就学前のお子さんをもつ保護者の方

・妊娠中の方

接種回数

・13歳未満は2回

・13歳以上は1から2回

助成額・助成回数

・3歳未満のお子さんは2,500円を上限に2回助成

・3歳から小学6年生のお子さんは3,000円を上限に2回助成

・それ以外の対象の方は3,000円を上限に1回助成

接種場所

助成対象となる医療機関が決まっています。年齢等によって、助成を受けられる医療機関が異なりますので、ご注意ください。

インフルエンザワクチン予防接種(任意)費用助成対象医療機関一覧PDFファイル(11KB)

注意

医療機関での支払時に減額されますので、申請の必要はありません。

砂川市立病院で任意接種を希望される場合は、砂川市立病院専用の問診票が必要となりますので、保健センターにご連絡ください。

・病原ウイルスは少しずつ変化するため、毎年予防接種を受けることが必要となっています。ワクチンが十分な効果を維持する期間は、接種後2週間から約5ヵ月とされています。過去の発生状況より12月中旬までに予防接種を行うことをお勧めします

・詳細については、10月配布のチラシをご覧ください。また、任意接種の対象となる方には、個別に文書を送付していますので、送付されてきた文書をご覧ください。

お問い合わせ先

長寿福祉課 子育て支援係

電話:0125-69-2100 FAX:0125-68-2289

お問い合わせフォーム