国民年金

国民年金とは

 国民年金は、現役世代が支払う保険料によって高齢の方などを支える社会保障制度です。高齢になったときだけではなく、病気やけがで障がいをもった場合にも年金が支給されます。

公的年金の種類は3種類

第1号被保険者

自営業、農林漁業、無職、自由業者などの人とその配偶者、学生

第2号被保険者

厚生年金加入者、共済組合員

第3号被保険者

第2号被保険者に扶養されている配偶者(保険料は配偶者の加入している年金制度で負担します。)

任意加入被保険者

 本人の申出により、次の要件に満たす方が任意加入することができます。

 次の1.~4.のすべての条件を満たす方が任意加入をすることができます。

1.    日本国内に住所を有する60歳以上65歳未満の方

2.    老齢基礎年金の繰上げ支給を受けていない方

3.    20歳以上60歳未満までの保険料の納付月数が480月(40年)未満の方

4.    厚生年金保険、共済組合等に加入していない方

※年金の受給資格期間を満たしていない65歳以上70歳未満の方も加入できます。

※外国に居住する日本人で、20歳以上65歳未満の方も加入できます。

届出について

 手続きを忘れると、将来年金が受けられない場合や、額が減額してしまう恐れがありますので、手続きは必ず行いましょう。

加入手続きについて

こんなとき

手続きに必要なもの

20歳になったとき
(厚生年金などの加入者は除く)

・印鑑

・年金手帳(20歳前に厚生年金や共済年金に加入していた場合)

・日本年金機構から送付された申請書(お持ちの場合)

会社を退職したとき

・印鑑

・年金手帳

・退職年月日のわかる書類(健康保険の資格喪失証明書など)

配偶者の扶養からはずれたとき

・印鑑

・年金手帳

・扶養からはずれた日がわかる書類(健康保険の資格喪失証明書など)

受給について

老齢基礎年金

 保険料を納めた期間、免除された期間、合算対象期間を合わせて、最低10年以上の方に支給されます。ただし、第2号、第3号被保険者期間がある方は年金事務所で手続きしてください。

障害基礎年金

 国民年金に加入している間に、病気やけががもとで障がいの状態(1級、2級)になった場合で、保険料の納付要件などを満たしたときに支給されます。

遺族基礎年金

 国民年金加入者や老齢基礎年金の受給資格を満たした人などが亡くなられたとき、その人に生計を維持されていた子がいる場合、配偶者か子が受け取ることができます。

 子とは次の者に限ります

・18歳到達年度の末日(3月31日)を経過していない子
・20歳未満で障害年金の障害等級1級または2級の子

保険料を納めることが、経済的に難しいとき

免除申請

 本人、世帯主、配偶者の所得によって「全額免除」・「4分の3免除」・「半額免除」・「4分の1免除」の4段階の免除制度があります。老齢基礎年金の受給時にはそれぞれ割合で反映されます。

退職(失業)による特例免除

 申請する年度において、本人、配偶者、世帯主が退職(失業)の事実がある場合に対象となります。失業した方の所得を除外して審査を行います。(その他の方に一定以上の所得があるときは保険料免除が認められない場合があります。)

納付猶予制度

 50歳未満の方で、本人、配偶者それぞれの所得が一定額以下の場合に納付が猶予されます。年金額には、反映されません。

学生納付特例制度

 本人の所得が一定以下の学生は、申請により在学期間中の保険料の納付が猶予されます。年金額には、反映されません。

必要なもの

・年金手帳

・印鑑

・失業免除を受ける場合は、雇用保険被保険者離職票または雇用保険受給資格者証など

・学生納付特例を申請する方は、学生証の写し(表と裏両面)または在学証明書

詳しくは日本年金機構のホームページをご覧ください。

日本年金機構このリンクは別ウィンドウで開きます

お問い合わせ先

くらし応援課 住民係

電話:0125-68-2112 FAX:0125-68-2285

お問い合わせフォーム