国民健康保険

世帯内に異動があったときは必ず届出をしてください。

国民健康保険に加入するとき

こんなとき 必要なもの
職場の健康保険をやめたとき
  • 職場の健康保険離脱証明書
  • 印鑑
職場の健康保険の被扶養者からはずれたとき
  • 被扶養者をはずれた証明書
  • 印鑑
子どもが生まれたとき
  • 印鑑
他の市区町村から転入したとき
  • 印鑑
生活保護を受けなくなったとき
  • 保護廃止決定通知書
  • 印鑑

国民健康保険をやめるとき

こんなとき 必要なもの
職場の健康保険に加入したとき
職場の健康保険の被扶養者になったとき
  • 国保と職場の健康保険証
  • 印鑑
75歳になったとき(後期高齢者医療に加入)
  • 国保の保険証、高齢受給者証
  • 印鑑
ほかの市区町村に転出するとき
  • 国保の保険証
  • 印鑑
死亡したとき
  • 国保の保険証
  • 印鑑
生活保護を受けるようになったとき
  • 保護開始決定通知書
  • 印鑑

修学のため浦臼町外に転出し浦臼町の国保だったが、
卒業した・就職した等で他の保険に加入したとき

  • 新しい保険証
  • 国保の保険証
  • 印鑑

その他

こんなとき 必要なもの
町内で住所が変わったとき
世帯主や氏名が変わったとき
  • 国保の保険証
  • 印鑑
保険証を失くしたとき
  • 印鑑
修学のため浦臼町外に転出するが、浦臼町の
国民健康保険に加入したままでいたいとき
  • 在学証明書
  • 印鑑

交通事故などでけがをしたとき

交通事故(自動車や自転車などによる事故)や飲食店等での食中毒、散歩中に他人の犬に咬まれた等、第三者(加害者)の行為によってけがや病気になったとき、本来、治療費は加害者が全額負担するのが原則です。

被保険者証を使用して受診される場合は、空知中部広域連合もしくはお住まいの市町への申請が必要となります。

第三者の行為とは

  • 交通事故
  • 購入食品や飲食店などでの食中毒
  • 暴力行為
  • 施設や店内での管理責任の発生する事故

などです。

必ず医療機関に伝えてください

被保険者証を使用し治療を受ける場合は、医療機関に第三者行為でけがなどをした旨必ず伝えてください。

警察に届けてください

交通事故のときは、けがの程度にかかわらず警察に届出し、人身事故として事故証明書を出してもらいましょう。

示談について

示談により、損害賠償を受けた場合は健康保険の適用が受けられないため全額自己負担となります。
示談前であれば、被保険者証を使用しても、後日、国保担当が被害者に代わり加害者にその治療費を請求することとなりますが、示談をしてしまった場合、保険者が負担すべき分を含め、全額を被害者に請求することとなります。

届出について

国民健康保険法により、速やかに届出をすることが義務付けられていますので、必ず届出をしてください。

届出に必要なもの

  • 届出者本人と確認できるもの(運転免許証、パスポート、個人番号カード、在留カードなど)
  • 被保険者証
  • 高齢受給者証(70歳以上の方の場合)
  • 第三者行為による被害届
  • 第三者行為基本調書
  • 事故証明書(ダウンロードできますが発行者の様式でも構いません)
  • 事故発生状況報告書
  • 念書
  • 誓約書
  • 被保険者証
  • 個人情報の第三者提供に関する同意書
  • 印鑑

届出様式PDFファイル(178KB)

届出先および担当窓口

空知中部広域連合国民健康保険係

  • 〒079-0313
    空知郡奈井江町字奈井江10番地28
  • 電話番号
    0125-66-2152
  • 受付時間
    土曜日・日曜日・祝日および12月31日から1月5日を除き8時30分から17時まで

浦臼町役場くらし応援課住民係

  • 〒061-0692
    樺戸郡浦臼町ウラウスナイ183番地の15
  • 電話番号
    0125-68-2112
  • 受付時間
    土・日曜・祝日および12月31日から1月5日を除き8時30分から17時15分まで
アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。