地域おこし協力隊員を募集します

地域おこし協力隊員募集の目的

浦臼町は、北海道中西部の空知地方にあり、札幌・旭川の二大都市のほぼ中間地点に位置し、東部の石狩川と西部の樺戸連山に挟まれ、数多くの川や沼が点在し広大な田園に包まれた人口約1,900人の自然豊かなまちです。

稲作を中心に、日本一の作付面積を誇るワイン用ブドウの圃場など多種多様な農産物を生産しており、夏にはキャンプやテニスが楽しめる鶴沼公園で夏の味覚まつりや新そば収穫祭など特産品を堪能できるイベントが開催され、全道各地からたくさんの観光客で賑わいます。公園周辺には宿泊施設や温泉、レストラン、道の駅などが隣接し浦臼町のファンが集う観光拠点として積極的に展開されています。

しかしながら、ひとやものであふれる都会と違い、浦臼町の生活環境は人口が5千人を超える街で暮らしている方からすると不便なことがたくさんあります。

町内外を結ぶ鉄道やバスの便数が少なくて不便なこともあり、多くの町民が自家用車で移動している状況にあり、加えてJR北海道の経営再建に関連し札幌市と町内を結ぶJR札沼線の廃線が容認されています。

町内での買物については、食品や日用品を販売している店舗数が少なく、若干単価が高めの設定と感じられる場合もあるかもしれません。そして何より浦臼町にはコンビニエンスストアがありません。日曜日や夜間については、食品や日用品を町外へ出かけないと買うことができません。

このような過疎の現状を打破すべく、浦臼町は今、様々な取組に挑戦しています。農業を基幹産業とする我が町では、エゾシカ等の有害鳥獣による農作物被害対策が大きな課題となっており、本年3月に農水省が全国で17地区を選定し進める「ジビエ倍増モデル整備事業」の指定を受け、現在、エゾシカの食肉加工処理施設等の建設計画を進めております。平成31年10月の施設稼動を目指して、捕獲体制や施設管理体制を強化し、円滑に事業を推進するものであります。

あなたのこれまでの経験・知識・ノウハウを活かし、地域おこし協力隊として人口2,000人を下回った小さなまちの挑戦に一緒に取り組んでみませんか。

地域おこし協力隊員募集の具体的内容

業務概要

有害鳥獣被害防止対策に関する業務

銃猟等によるエゾシカの捕獲業務、エゾシカの食肉加工処理およびと体収集業務、エゾシカの加工品開発、販売および宣伝業務、有害鳥獣の減量化処理業務など

募集対象

下記に掲げるすべての要件を満たす方

  1. 年齢満20歳以上~概ね40歳くらいまでの方(性別は問いません。)
  2. 3大都市圏をはじめとする都市地域等(過疎、山村、離島、半島等の地域に該当しない市町村)に在住の方で浦臼町へ生活拠点を移し住民票を異動できる方
  3. 地域住民と積極的にコミュニケーションを図り、業務に積極的に取り組み、精力的に活動のできる方
  4. 普通自動車運転免許を取得している方(AT限定は不可、大型および大特免許があれば尚可)
  5. 第一種狩猟免許・猟銃等所持許可の取得者で銃器を所持している方
  6. 有害鳥獣等の駆除経験を有しており、地元猟友会に加入する意思のある方
  7. パソコン(ワード、エクセル等)の一般的な操作ができる方
  8. 地方公務員法第16条の欠格条項に該当しない方

募集人数

若干名

勤務地

浦臼町内

勤務時間

  1. 勤務日数:週5日(週37.5時間)
  2. 勤務時間:8時30分から17時00分(1日7時間30分)を基本としますが、季節により早出、遅番の勤務あります。その場合、1日の勤務時間の中で始業と終業の時刻をずらし柔軟に労働時間の調整を行います。
  3. 休日:季節や業務内容により変動し、土・日・祝日に勤務することがあります。その場合は振替休日の対応となります。。
  4. 休暇:年次有給休暇は年間10日付与されます。
    (初年度以降、浦臼町定数外職員取扱規則の嘱託職員の規定に準ずる。)

雇用形態・期間

  1. 地域おこし協力隊員(浦臼町の嘱託職員)として委嘱します。
  2. 初年度の委嘱期間は、希望勤務開始可能月の1日から平成32年3月31日まで。ただし、最長3年まで延長可能。各年度終了前、面談により次年度の任用を判断します。
  3. 協力隊としてふさわしくないと判断した場合は、任期中であってもその任用を取り消すことができることとします。

給与・賃金等

月額200,000円 (社会保険料の本人負担分が差し引かれます。)
※その他、時間外勤務手当を支給します。

待遇・福利厚生

  1. 社会保険等(健康保険、厚生年金、雇用保険)に加入。
  2. 住居は町が斡旋し、住居に関する費用は浦臼町が補助(上限月額30,000円)します。
  3. 生活備品は自己負担となります。
  4. 公共交通機関の利便性がよくありませんので、活動車両は自家用車(任意保険加入済)を持ち込みください。活動車両の借上料、燃料費として月額40,000円、通信連絡費(通信費)として月額10,000円を支給します。ただし、夫婦で活動する場合の借上料、燃料費については1名分支給します。
  5. 活動に係る消耗品・備品等は、予算の範囲内で浦臼町が負担します。(例:旅費、パソコン等)
  6. 赴任手当(上限50,000円)を支給します。
  7. 地元猟友会を通じて、町から狩猟者登録等に係る年会費等を全額補助します。また、猟友会活動に対する報酬等も支給されます。
  8. 上記以外の経費は自己負担となります。
    例:住居に係る光熱水費、個人の電話等の通信費、活動期間中の生活に必要な備品等
  9. 業務に支障がない範囲において、定住につなげるためや地域住民から頼まれる仕事については、協議の上、兼業を認める場合もあります。
  10. 起業等に対する補助制度があり、就職支援も実施予定。

申込受付期間

  1. 募集期間
    平成30年11月12日(月)から11月30日(金)まで
    ※直接提出のほか、郵送で受け付けます。(当日消印有効)
  2. 提出書類
    (1)北海道浦臼町「地域おこし協力隊員応募用紙」[pdfPDFファイル(94KB)] [wordワードファイル(30KB)]
    ※必ずこの様式を提出してください。
    (2)現住所地の住民票 1通

選考の流れ

  1. 第1次選考
    応募毎に書類審査を実施し、結果を文書で通知します。
  2. 第2次選考
    第1次選考の合格者を対象に面接選考を行います。
    日時:平成30年12月17日(月)14時00分
    場所:浦臼町役場2階会議室
    ※面接選考の日時について都合が悪い場合はご相談ください。来庁の際は1階の産業振興課職員にお声がけください。
  3. 最終選考の結果通知
    合格者を決定次第、文書で通知します。
    ※応募に係る経費(書類申請費用および面接時の交通費など)は、すべて応募者の負担となります。

ダウンロード

アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

産業振興課 地域振興係

電話:0125-68-2114 FAX:0125-68-2285

お問い合わせフォーム