地域おこし協力隊員を募集します

地域おこし協力隊員募集の目的

浦臼町は、北海道の中西部で空知地方にあり、札幌・旭川の二大都市のほぼ中間地点に位置し、東部の石狩川と西部の樺戸連山に挟まれ、数多くの川や沼が点在し広大な田園に包まれた人口約1,900人の自然豊かなまちです。

稲作を中心に、日本一の作付面積を誇るワイン用ブドウの圃場など多種多様な農産物を生産しており、夏にはキャンプやテニスが楽しめる鶴沼公園で夏の味覚まつりや新そば収穫祭など特産品を堪能できるイベントが開催され、全道各地からたくさんの観光客で賑わいます。公園周辺には宿泊施設や温泉、レストラン、道の駅などが隣接し浦臼町のファンが集う観光拠点として積極的に展開されています。

しかしながら、ひとやものであふれる都会と違い、浦臼町の生活環境は人口が5千人を超える街で暮らしている方からすると不便なことがたくさんあります。

町内外を結ぶ鉄道やバスの便数が少なくて不便なこともあり、多くの町民が自家用車で移動している状況です。現在、JR北海道の経営再建に関連し札幌市と町内を結ぶJR札沼線の廃線が議論されています。

町内での買物については、食品や日用品を販売している店舗数が少なく、若干単価が高めの設定と感じられる場合もあるかもしれません。そして何より浦臼町にはコンビニエンスストアがありません。日曜日や夜間については、食品や日用品を町外へ出かけないと買うことができません。

このような過疎の現状を打破すべく、浦臼町は今、様々な取組に挑戦しています。町民への生活支援策や地域公共交通の充実を図り、農業者や商工業者の先進的な取組を支援する政策にも着手しています。

あなたのこれまでの経験・知識・ノウハウを活かし,地域おこし協力隊として人口2,000人を下回った小さなまちの挑戦に一緒に取り組んでみませんか。

地域おこし協力隊員募集の具体的内容

業務概要

地域間交流及び移住促進に関する支援ふるさと会の取組支援、移住促進PR活動、移住希望者相談対応、移住生活体験住宅の管理運営など

  • 他の隊員と協力して他分野の業務を行うこともあります。
  • 在任中、本人希望と町内における協力隊活動要望(観光振興、農業振興、スポーツ文化振興、生活支援などの業務)が合致した場合は業務変更が可能です。

募集対象

下記に掲げる全ての要件を満たす方

  1. ​年齢満20歳以上~概ね40歳くらいまでの方(性別は問いません)
  2. 3大都市圏をはじめとする都市地域等(過疎、山村、離島、半島等の地域に該当しない市町村)に在住の方で浦臼町へ生活拠点を移し住民票を異動できる方
  3. 地域住民と積極的にコミュニケーションを図り、業務に積極的に取り組み、精力的に活動のできる方
  4. 普通自動車運転免許を取得している方
  5. パソコン(ワード、エクセル等)の一般的な操作ができる方
  6. 地方公務員法第16条の欠格条項に該当しない方

募集人数

若干名

勤務地

浦臼町内

勤務時間

  1. 勤務日数:週5日(土・日・祝日は休み)
  2. 勤務時間:8時30分から17時00分(1日7時間30分)
  3. 休日:土曜日・日曜日・祝日及び年末年始を原則としますが、休日に勤務することがあります。
    その場合は振替休日対応となります。
  4. 休暇:年次有給休暇は年間10日付与されます。
    (初年度以降、浦臼町定数外職員取扱規則の嘱託職員の規定に準ずる。)

雇用形態・期間

  1. 地域おこし協力隊員(浦臼町の嘱託職員)として委嘱します。
  2. 初年度の委嘱期間は、希望勤務開始可能月の1日から平成31年3月31日まで。但し、最長3年まで延長可能。各年度終了前、面談により次年度の任用を判断します。
  3. 協力隊としてふさわしくないと判断した場合は、任期中であってもその任用を取り消すことができることとします。

給与・賃金等

  1. 社会保険等(健康保険、厚生年金、雇用保険)に加入。
  2. 住居は町が斡旋し、住居に関する費用は浦臼町が補助(上限月額30,000円)します。
  3. 生活備品は自己負担となります。
  4. 公共交通機関の利便性が良くありませんので、活動車両は自家用車(任意保険加入済)を持ち込みください。活動車両の借上料、燃料費として月額40,000円、通信連絡費(通信費)として月額10,000円を支給します。ただし、夫婦で活動する場合の借上料、燃料費については1名分支給します。
  5. 活動に係る消耗品・備品等は、予算の範囲内で浦臼町が負担します。(例:旅費、パソコン等)
  6. 赴任手当(上限50,000円)を支給します。
  7. 上記以外の経費は自己負担となります。
    例:住居に係る光熱水費、個人の電話等の通信費、活動期間中の生活に必要な備品等
  8. 業務に支障が無い範囲において、定住につなげるためや地域住民から頼まれる仕事については、協議の上、兼業を認める場合もあります。
  9. 起業等に対する補助制度があり、就職支援も実施予定。

申込受付期間

  1. 募集期間
    平成30年3月5日(月)から ※採用予定人数任用開始時点で締切ります。
    ※直接提出のほか、郵送で受け付けます。(当日消印有効)
  2. 提出書類
    (1)北海道浦臼町「地域おこし協力隊員応募用紙」[pdfPDFファイル(94KB)] [wordワードファイル(30KB)]
    ※必ずこの様式を提出してください。
    (2)現住所地の住民票 1通

選考の流れ

  1. 第1次選考
    応募毎に書類審査を実施し、結果を文書で通知します。
  2. 第2次選考
    第1次選考の合格者を対象に面接選考を行います。
    日時:合格者と日程を調整し実施日を決定(平日10時から16時)
    場所:浦臼町役場2階会議室
    ※来庁の際は2階の総務課職員にお声がけください
  3. 最終選考の結果通知
    合格者を決定次第、文書で通知します。
    ※応募に係る経費(書類申請費用及び面接時の交通費など)は、すべて応募者の負担となります。

ダウンロード

アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。